高校野球ファン・・・

連日盛り上がりをみせている夏の高校野球も

いよいよ明日が決勝戦。

優勝候補ナンバーワンの大阪桐蔭がその実力を

いかんなく発揮して勝ち進めば、かたや連日「旋風」を

巻き起こしている金足農業。非常に興味深い決勝戦と

なりました。

こうなるとやはり「判官びいき」。

金足農業にぜひがんばってもらいたいものです。

私の応援していた竜谷大平安はおしくも3回戦で

敗れてしまいました。

次回はこの平安高校についてのエピソードを

ご紹介します。お楽しみに・・・。

【心斎橋GG】

盛夏から晩夏へ・・・

異常高温の日が続いたと思えば、逆走台風。

異常気象とひと言で片付けられないような日々が続いています。

それでも季節は確実に前へと進んでいるようです。

いつも通る通勤途中の桜並木、蝉のジージー鳴く声が最盛期を

迎えています。それでも吹く風は、心もち爽やか。

シオカラトンボの姿もチラホラ見かけ、「ああ、盛夏は過ぎたな。」と

感じさせてくれます。

「盛夏」から「晩夏」へ、季節は確実に秋に向かっています。

そんな小さな季節の変わり目を、しっかりと感じられる自分で

いたいと、いつも思っています。

【心斎橋GG】

 

雲は湧き、光溢れて・・・

同じ4年に一度の開催ではありますが、世界的に見れば

オリンピックよりはるかに盛大で華麗なイベントのサッカーの

ワールドカップも閉幕。

また、芝のコートで昔ながらの伝統を守りながら行われる、

有る意味テニスの原点のウィンブルドンも終了。

そのどちらもで、日本の選手、チームもそこそこの活躍。

まだ、寝不足を引きずっている方も多いのでは・・・。

さて、日本国内に目を移せば夏の一大イベントが真っ盛り!

そう、「夏の高校野球」の地方大会が全国各地で熱戦を

繰り広げています。春の選抜高校野球よりも、やはり「夏」と

いうのは、この地区予選の存在が大きいと思います。

部員数が少なかったり、グランドが狭かったり、

進学校で練習時間が限られていたり、

様々な条件、様々なレベルの学校が甲子園という

一つの目標に向かって戦いを繰り広げます。

その戦いは、その経験の少なさゆえ、技術の未熟さゆえ

そして、その一生懸命さひたむきさゆえに思いもかけない

「ドラマ」を生み出します。

私はこの「ドラマ」が好きです。汗と泥と、そして

高校のクラブ活動(!)の匂いがぷんぷんする

高校野球が大好きです。

【心斎橋GG】

 

 

知ってましたか?・・・

皆さんは「はなまる」はご存知ですよね。

いえいえ、「うどん」の方ではなくて、テストやプリントに

先生が書いてくれる、良くできましたの「はなまる」です。

「良くできました」の5重丸のさらに上、「大変良くできました。」の

「はなまる」が登場したのはいつ頃からでしょうか。

今年から一年生の孫が、宿題のプリントで時々「はなまる」を

もらっていたのは見ていたのですが、昨日見せてくれたプリントの

「はなまる」の下に何やら「茎」と「葉っぱ」らしきものが・・・。

孫に聞くと、「はなまる」のさらに上、「とってもとっても良くできました。」

の印だそうです。

驚くことに、さらにその上、「はなまる」の最上級があって、それは

「茎」と「葉っぱ」の下に「植木鉢」がつくそうです。

孫もさすがに、その最上級はもらったことがないようですが・・。

これも、時代の変化の一つなのでしょうか。

【心斎橋GG】

当たり前のことだけれど・・・

今年小学校に入学した孫と一緒に時間を過ごすことが

多いのですが、基本的に「しつけ」は親がするものと

無責任に考えています。しかし、最低限これだけはという

ことは注意するようにしています。

明るく元気にはもちろんですが、「人のことを思いやれる」人間に

なって欲しいと思っています。

当たり前のことですが、

悪いことをしたり、相手を傷つけたり、不快な思いをさせたら

「ごめんなさい」「すみませんでした。」と素直にあやまれる人に

なって欲しいのです。

政治やスポーツの世界で起こった様々な出来事。

「ごめんなさい。」を素直に言えない大人が多すぎます。

「しがらみ」や「プライド」などよりもっと大切な人の「こころ」。

子供達にしっかりと伝えていかねばなりません。

今日は、ちょっと固いお話で失礼しました。

【心斎橋GG】

 

 

 

爽やかな季節・・・

突然ですが、みなさんはどんな季節がお好きですか?

私は、暑いよりは寒い方が好きなので四季でいえば「冬」

なのですが、考えてみると「ああ、いい季節だな。」と感じるのは

季節の変わり目、特に春が終わり梅雨に入る前の今頃です。

「風」がさわやかで心地よく、新緑が鮮やかで心が洗われる気分です。

そして、何より「新茶」の季節!

「新茶」独特の瑞々しさ、自然の息吹を感じる香り。

こんなにも、自然そのものを感じられる飲み物が他に

有るでしょうか。

毎年この季節、新茶をいただきながら、この味を知っただけでも

お茶屋の仕事に就いてよかったと思うGGでした。

【心斎橋GG】

 

二刀流・・・

スポーツ大好きの私としては、やはりこの話題に

触れないわけにはいきません。

今年からアメリカの大リーグに移籍した大谷翔平選手が

デビュー早々、投打に大活躍で大変な話題になっています。

投手の方では、いきなりの2連勝。しかも2試合目は

あわやパーフェクトという快投、バッターではなんと3試合連続の

ホームラン。まさに「出来すぎ」の大活躍!

このままいったら大変なことに・・・。

と言え、今よりさらに調子が上がることはないでしょうし、今のまま維持

するのもむつかしい話でしょう。もしも、もしもそんなことがあれば、

日本人としてというより、野球というスポーツにとってとてつもない

出来事です。最終的に、投手では10勝、打者ではホームラン10本

打率2割8分を越えれば胸を張って、「二刀流大成功」といえるでしょう。

そんな数字は軽々と越えてしまいそうな、今の活躍です。

グランドでのプレーぶりだけではなく、ベンチでの仕草や練習での

エピソードなども話題になり、スター街道をまっしぐらと言う感じです。

しかも彼はまだ23才という若さ。これからの活躍が本当にたのしみです。

【心斎橋GG】

メンタルの強さ・・・

桜の便りも、早くも聞かれるこの頃。

海外から、うれしいニュースが届いています。

テニスの大坂ナオミ選手の大活躍!!

1回戦から、ランクで格上の選手を次々と撃破し、

準決勝ではとうとう現在の世界ランク1位の選手に

ストレートで勝ってしまいました。まさしく快進撃!!

今大会は、4大大会といわれるマスターズに次ぐランクの

大会で、強豪が多く参加しています。そんな大会で優勝目前。

なんと素晴らしいことでしょう。

大坂選手はもちろん昨シーズンから活躍し、それなりに注目されて

いたのですが、メンタル面が弱く、感情に左右されて安定して

実力を発揮することができませんでした。

それが、今シーズンからついたコーチの影響で、自身のメンタルを

しっかりコントロールできるようになり、今回は本当に安定した試合

運びでその実力をいかんなく発揮しています。

スポーツはメンタル面が重要という話をよく聞きますが、今回の

大坂選手はまさにそれを立証しています。

決勝の相手は、同じ20歳のロシアの選手。

平常心で当たれば、必ず勝てる相手です。

「日本女子テニス界の初の快挙!」というニュースを

楽しみにしています。

ちなみに、決勝は明日の月曜日。皆さんも応援してください。

【心斎橋GG】

 

やっぱりスポーツは面白い・・・

冬季オリンピックも中盤を過ぎました。

ニュースやワイドショーはその話題でもちきりです。

競技の結果だけではなく、色々なトピックスや裏話も

報道されています。

競技の成績、結果はもちろんですが、その裏で参加している

アスリート同士の意外な関係やエピソードなども興味深い

ものです。

スピードスケート女子の小平選手と韓国の李選手の関係も

その一つです。結果は小平選手が五輪新記録で金メダル、

地元開催の期待を一身に背負った李選手は惜しくも及ばず

銀メダルに終わりました。感動したのはその競技後。

2位に終わり涙を流す李選手に小平選手が近づき、言葉を

掛け肩をだきます。李選手はそれに答えひと言ふた言言葉を

返し、二人はハグ。素晴らしいシーンでした。

実は、私、勝手ながら2人がそんなに親しい間柄だとは知らず、

むしろ仲はあまりよくないのかと、本当に勝手に思っていました。

2人はお互い、アスリートとしてリスペクトし合い、プライベートでも

自宅を訪問するくらい仲が良いそうです。

道を究める者同士、あらゆる期待を背負っているもの同士、

だからこそ通じ合いものがあるのでしょう。

熾烈で過酷なタイムレースの裏にはこんな素適なお話が

あるのですね。

だからスポーツは面白い!

【心斎橋GG】

さえみどり・・・

お茶の品種のお話の続きです。

「さえみどり」と言う品種があります。

「さえみどり」は前回お話した日本茶の最も代表的な優良品種の

「やぶきた」を父に、天然玉露と呼ばれる「あさつゆ」を母として

生まれた品種です。

その名の通り、茶葉の色が鮮やかな緑色で冴えがあり、

渋みが少ないまろやかな旨味を楽しめます。

「やぶきた」と「あさつゆ」の両方の特徴をしっかりと受け継いで

います。

お母さんである「あさつゆ」はその濃厚な旨味、爽やかな甘み、芳醇な香り

から、前述の通り「天然玉露」と呼ばれています。

ただ栽培が比較的難しく、栽培面積も多くはないので、収穫量は必然的に

少なく、なかなか手に入りにくい品種の一つですが、一度その味を知った方は

リピーターになる確率が高いようです。

今回は「さえみどり」と「あさつゆ」のお話でした。

また続きをお楽しみに・・・。

【心斎橋GG】