若者の潔さ・・・

またまたスポーツの話で恐縮ですが・・。

昨日、プロ野球のドラフト会議が開催されました。

今年は早稲田実業の清宮選手が注目を集め、

高卒選手としては最多タイの7球団が競合し、

抽選の結果、日本ハムが交渉権を得ました。

と、ここまでは皆さんもニュースでご存知だと思います。

私がここ数年感じているのは、ドラフト会議に臨む若者たちの

「潔さ」です。ドラフト会議で指名から漏れても、指名されても、

また指名された球団が意中の球団でなくても、彼らは一様に

「清々しく」「潔い」表情をして、テレビのインタビューなどに

応えています。おそらく、彼らの人生で最大の岐路であることは

間違いありません。悔しくても、悲しくても、つらくても、彼らは

真摯に、潔くそれを受け止めています。これがスポーツの力でしょうか。

それに比べて・・・。

「ドラフト会議」と「選挙」を一緒にするのは、はなはだ「不適切」「不謹慎」

ではありますが、それでも、あえて言いたい。

選挙に落ちた人も、当選した人も、愚痴と批評のオンパレード。

いくつかの選択肢の中から、考えて、考え抜いてあなたが選んだ

「道」なのではないですか。誰かに、「騙された」とか「強制された」とでも

いうのですか?もしそうなら、そんな先を読む力のない、判断力のない人は

はなっから、政治家になる資質などないと思います。

自分で自分の「甘さ」を露呈しているようなものですよ。

と、私も偉そうなことを言える人間ではないのですが・・・。

それにしても、我が阪神タイガースに清宮選手が来ていたら・・・。

と、私も潔くありませんね。

【心斎橋GG】

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です