夏休みの宿題・・・

突然ですが、

皆さんは夏休みの宿題は、早く済ませて後はゆっくり遊ぶ派でしたか?

それとも、遊ぶだけ遊んで、ギリギリになって慌てる派でしたか?

私は、恥ずかしながら典型的な後者でした。

なんやかんやと理屈をつけて、8月も25日を過ぎた頃にやっと動き出すという

悪しきパターンを、懲りることなく判で押したように毎年繰り返しておりました。

私の小学生の頃の宿題と言えば、毎日1ページとか2ページのワークブック、

読書感想文、写生、漢字ドリル、計算ドリル、それに自由課題などが定番でした。

写生や感想文はなんとか早めに終わらすのですが、それ以外を全部まとめて、

4~5日でやってしまおうというのですから、それはそれは大変なことは目に見えて

いるのですが・・・。

最近は夏休みの日数も短くなり、宿題の内容も少し変わってはいるようですが、

大変さは同じようです。

ところで、夏休みの宿題を請け負う業者が存在するのを、皆さんはご存知ですか?

私もこの前テレビで知ったのですが、ドリルのようなものであったら、1問いくらとか、

感想文や写生も請け負ってくれるそうです。

私のような、なかなか宿題をやらない子供を持った親が利用するのかと思いきや

「塾」の勉強で忙しく、学校の宿題なんかやってられない!という子が利用すると

聞いて、思わず絶句。それって、本末転倒、健全でまっとうなことだとは決して

思えないのですが・・・。

どこからか、「お前が言うな。」という声が聞こえてきそうですね。

【心斎橋GG】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です