なつかしい童謡・・・

人の名前や、物の名前や曲名がなかなか思い出せない!

年をとるとよくあることでは、あるのですが・・・。

つい先日もある童謡の曲名がなかなか思い出せませんでした。

今の季節にぴったりの、「菜の花畑に入日薄れ~」で始まる

あの曲です。しばらく考えてやっと思い出しました。

「おぼろ月夜」です。

思い出してから、あらためて気付きました。

なんて情緒のある素敵な題名でしょう!

靄(もや)か霞(かすみ)に包まれて柔らかくほのかに

かすんで見える春の夜の月。

子供の頃には気づかなかったある種幻想的な風景が

そこにはあります。

朧(おぼろ)という言葉も風情がありますよね。

きっと昔の童謡には、その時には見過ごしたり、

気づかなかったりした素敵な日本語がたくさんあるのでしょうね。

あらためて、美しい日本語を使おうと考えるGGでした。

【心斎橋GG】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です