ロックの神様・・・

今回のお話は、興味のない方はごめんなさい、という内容です。

50歳代から上の方、あるいは若い方でも音楽好きな方は、

よくご存知だと思うのですが、チャック・ベリーという音楽界の

巨匠が亡くなりました。享年90歳。

どんなにすごい人物か・・・、神様とか巨匠とか言う言葉も

陳腐な表現ですが、彼こそが、「ロックンロール」というジャンル

を作り上げた人です。誰々に影響を与えたとか、誰々が心酔して

いるとかのレベルのお話ではなく、彼がロックンロールを生み出した

のです。彼がいなければ、ビートルズもローリングストーンズも、

エリッククラプトンも存在しなかったのです。

ビートルズをはじめ、数々のアーティストにカバーされ、もはや

スタンダードになっている、「ジョニーBグッド」や「ロールオーバー

ベートーベン」は一度は耳にされていると思います。

90歳になった今年、なんと新アルバムのリリースが予定されて

いたそうです。そのバイタリティーや恐るべし、ですね。

かのジョンレノンは言いました。

「もし、ロックンロールというジャンルに別の名前を付けるとしたら、

それはチャックベリー。」

彼は歌い、叫びます。「ベートーベンをぶっ飛ばせ、チャイコフスキーを

乗り越えろ!」

何十年か後に、19世紀から20世紀の音楽について語られるとき、

彼はきっとベートーベンやチャイコフスキーを並び称されるに違い

ありません。   合掌。

【心斎橋GG】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です