知らない間に・・・

今日は、知らない間にこんなことになっていたのか、

というお話です。

ちょっと前になってしまいますが、バレンタインのお話です。

私の若い時は、義理チョコの全盛期。職場や学校で、女子たちは

同僚や上司、同級生や先輩・後輩に何十個ものチョコを配りまくる、

そんな時代でした。コレはコレで、本来の「愛の告白」とは、ちょっと

はずれたものではありますが・・・。

その後、「手作りチョコ」のブームがあったり、ゴディバなどの外国の

高級チョコブランドがクローズアップされたりなどの移り変わりがあった

のですが、最近はさらに大きい変化が・・・。

自分用の「自分チョコ」や友達にあげる「友チョコ」という言葉は知って

いたのですが、最新のアンケートによると、10代の女性の約70%が

『バレンタインデーとは友達とチョコを交換する日』という認識だそうです。

もちろん対象はほとんど同姓。手作りチョコなどを友達同士で交換するのが

大流行だそうです。「愛の告白」など何処へやら・・・。そこには異性の存在

など何処にもありません。なんと大きな様変わり。

知らない間に、こんなことになっていたのですね。

そういえば、ハローウィンもいつの間にか若者の仮装パーティーの日

になってしまいましたよね。

時代はめぐる、ということでしょうか。

【心斎橋GG】

 

 

 

山の呼び方・・・

今回は少し、固い(そうでもない?)お話です。

皆さん、山の中には、「富士山」のように「さん」と読むものと、

「浅間山」のように「やま」と読むものがありますよね。

では、この違いは?というのが今回のお題です。

今まではそんなこと、考えたことも無かったのですが、

この前、偶然その違いを知ることがあり、「へえ~そうだったのか」

と納得しました。

それは、その山が「神の山」すなわち信仰の対象となっているか

否か、の違いだそうです。信仰の対象となっているのが「さん」で

それ以外が「やま」らしいです。もちろん、一部の例外はあるよう

ですが、一般的にはそういうことのようです。

では、「岳」や「峰」の違いは?とミーハーな私は早速調査。

実はこの二つは明確な定義はないようです。

ちなみに、富士山には「剣ヶ峰」と白山岳」があり、「山」「峰」「岳」が

すべて使われています。

ざっくりと考えれば、「峰」「岳」は山の中でひときわ高くなっている、

ピーク・頂点的な意味合いでしょうか。

普段、何気なく使っている言葉にも、ちょっと奥深い意味合いが

有るのですね。

【心斎橋GG】