夏の定番といえば・・・

夏の飲み物の定番と言えば、「冷たくひやした麦茶」というのもいいのですが、

なんと言っても一番のオススメは、

キリッと冷えた「水出し煎茶」です。

・低い温度の水出しならではのまろやかな旨み

・水と茶葉を入れて置くだけの手軽さ

・時間をおいても味の変化の少ない利便性

・ペットボトルよりもずっとエコで経済的

ゴクゴクとのどの渇きをうるおすならちょっと薄めにすっきりと、

水出しならではの旨みを愉しむなら、ちょっと濃いめにまろやかに

シーンとお好みに合わせて、自分流の水出し煎茶を作ってください。

「日本茶ってこんなに美味しかったのか!」とあらためて感じさせてくれる

「水出し煎茶」をぜひお試しください。  【心斎橋GG】

「夏の朝の水出し煎茶ワークショップ」開催決定!

詳しくは「いちわん茶会」の案内をご覧ください。

未知の世界へ・・・

またまたスポーツの話でごめんなさい。

でも、スポーツ好き、野球好きの私としてはこの話題は

触れないわけにはいきません。

イチロー選手のお話です。

でも、巷で騒々しい「最多安打記録」のお話ではありません。

日米通算だからどうのとか、世界記録だとか、いや参考記録だとか。

そんなお話はイチロー選手、百も二百も承知のことで、彼自身が言って

いるようにそこを目標に設定しているわけではなく、いってしまえば「通過点」

でもないはずです。

まあ、あえて記録の話をすれば、アメリカの方がこだわるメジャーリーグで

10年連続の200本安打を記録し、年間の最多安打記録を数十年ぶりに

塗り替えたのですから、それだけでも確実に、ピートローズの最多安打記録

と同等か、あるいはそれ以上の価値のあるものです。

でも、イチロー選手が目指しているのは、それらとは次元の違う、いわば

未知の世界への挑戦です。

前年にヤンキースからマーリンズに移籍し、今までにない不振な成績に

終わってしまいました。並みの選手なら、そのままずるずると下降線を

たどり、今年は引退などと取りざたされていたでしょう。

しかし、今年イチロー選手見事に復活!

42歳にして、どんな若手の選手よりも守り、走り、打つ。

最高のパフォーマンスをみせています。

イチロー選手の目指しているは、50歳まで現役を続けること。

それも今の状態、パフォーマンスを維持しながらでないと意味は無い

はずです。もちろん、そんなことが実現すれば、前代未聞、空前絶後の

出来事ですが、それをさして困難な様子もなく、やり遂げてしまいそうな

ところがイチロー選手の本当の凄さだと思います。

【心斎橋GG】