素人評論家の他愛無いお話・・・

久しぶりにスポーツのお話を・・・。

最近、色々なスポーツが巷の話題になりました。

その中から、勝手に選んで、勝手にコメントを。

やはり大相撲。大関 琴将菊が10年ぶりに日本人の優勝と

言うことで大きな話題となりました。彼はこの場所後に

結婚披露宴を予定しているとのことで、モチベーションも高かった

のでしょうが、いや、お見事!。奥さんも幸せものですね。

ただ一番、負けたのは小学校からのライバル豊ノ島戦。

琴将菊はこの場所、勝ち負けにはこだわらず、自分の型を

信じてそれを貫こうと決め、13日目まで見事勝ち進んで全勝

をキープし優勝争いで単独トップに立ちました。そして14日目。

優勝を意識してちょっと欲が出たのでしょうか、立会いにより強く

当たろうと、いつもより少し後ろに下がって仕切ったそうです。

この欲というか邪心が、アダなってしまいました。

相手と胸を合わせての「がぶり寄り」が得意の形なのですが、

少し後ろで仕切ったために、相手との距離が微妙に遠く、

胸がしっかり合わない間に、豊ノ島の突き落としを食ってしまった

のでした。それでも、千秋楽は修正して勝利し、見事に優勝。

久々に、「相撲もやっぱり面白い!」とちょっと感動してしまいました。

来場所が正念場ですね。がんばって優勝して、本当に久々の

日本人横綱を見てみたいものです。

【心斎橋GG】

冬の朝・・・

先日、所用でいつもの出勤時間より早く家を出ました。

6時は過ぎていたのですが、玄関を出ると外はまだ薄暗く、

前日に降った雨のせいか、霜柱か、アスファルトの道路が

街灯の光に照らされ、キラキラと光っていました。

ふと東の空を見上げると、ひときわ強い光を放つ大きな星が

ひとつ。「明けの明星」というやつでしょうか。

少し視線を下げると、低い山波と空との境はうっすらと、

朝焼けが・・。

頬を刺すような冷たい空気。ピンと張り詰めたような静寂。

「ああ、冬の朝。」とこの冬初めて感じた瞬間でした。

冬とは思えない、暖かい日が続いていましたが、

やはり、冬は冬らしく、夏は夏らしく、四季の移ろいを

しっかり感じたいものです。

【心斎橋GG】