読書の秋・・・

仕事への行き帰りの電車の中で、文庫本を開くのがもう長年の

習慣となっています。気軽に読めるエンターメント性の高い小説が

好きなのですが、お気に入りの作家やシリーズを見つけると、

とことんそれにハマッてしまう傾向にあります。

今は「警察小説」というジャンルにどっぷりとはまっています。

有名なところでは、大沢在昌の「新宿鮫」シリーズ、硬派なものでは

佐々木譲の「警官の血」シリーズなど名作も多くあります。

誉田哲也、今野敏、堂場舜一などの人気作家の作品は

テレビドラマ化されている作品もたくさんあります。

ドラマのタイトルを見れば、「ああ、あれか。」と思われるかも・・。

私のおすすめは、

誉田哲也なら「姫川玲子」シリーズ

今野敏なら「隠蔽捜査」シリーズ

堂場舜一は当たり外れが少なくどの作品もおススメです。

「なにか面白い本はないかな?」とお探しなら、

ぜひ一度手にとって見てください。

特に男性の方はハマる確率大ですよ。

【心斎橋GG】