春うらら・・・

 四季折々、それぞれの良さ、風情があります。

私は、春夏秋冬それぞれに好きな時間帯があります。

冬は朝。あのピンと張り詰めた肌を刺す冷たい空気が好きです。

秋は夜。かすかに聞える虫の音を聞きながらの一杯。

夏は夕暮れ時でしょうか。昼間の熱気が少し和らぎ、徐々に暗く

染まってゆく空。

春は昼下がり。ぽかぽかとした陽射しに思わずあくびが出るような

ちょっとけだるい雰囲気。

なのに・・・

今年は、「ぽかぽか」とか「春うらら」と言えるような日が一日も

ありません!

急に汗ばむような陽気になったかと思えば、一気に桜が咲き、

一気に満開。そして、コートがいるくらいの寒さに戻ったと思ったら

雨とともに桜は散り初め。

このまま、初夏の陽気から、梅雨に入ってしまうのでしょうか?

「春うらら」。「れんげ畑で思わずうとうとお昼寝。」

 でも、こんな贅沢が言えるのも四季の移り変わりがはっきりと

している日本に住んでいればこそですよね。

 もし日本に「雨季」と「乾季」しかなかったら・・。

想像するだけでも憂鬱な気分になりますね。

そんな人間の気持には関係なく、自然は時を刻んでいきます。

桜にはもう青々とした新芽が芽吹き、山々はその色を変えていきます。

もうすぐ「新茶」の季節です。

【心斎橋GG】