秋のお馴染み

残暑が本当に厳しいですが、朝晩には秋の風を感じるようになってきましたね。。。

みなさんはいかがでしょうか?

毎年、お馴染みの

秋の三種類が入荷しました!

◆コクと飲み応えある「秋のお茶」

◆香りが特徴の「宇治の雁ヶ音(かりがね)」

◆あまさほんのり和菓子にピッタリ「秋茶物語」

紅葉をモチーフにした袋をみると、紅葉の季節が待ち遠しくなります。

 

 

小さな茶器セットをもって、紅葉を見ながら、美味しいお煎茶を今年は飲みたいな。。。

ティーバックの種類が増えました!

新発売です!!

ご要望の声が多かった、ほうじ茶と玄米茶のティーバックが新しく加わりました

「かりがね ほうじ茶ティーバック」2.5g×20P

「遠赤仕上げ玄米茶 雪宿ティーバック」3g×20P

どちらも、1,050円です^^

ちょっと飲みたいときや、忙しい朝、勤務先や旅行でも美味しいお茶がすぐ愉しんでいただけるのではないでしょうか。

後日、中のティーバックのご紹介しますね♪

手ぬぐいで・・・

マグボトルに、手ぬぐいを巻いてみました^^

もち手が無いマグボトルなので、鞄に入れるのは少し不安。。。と、思う方もいらっしゃるのでは!?

そんなときは、手ぬぐいを、くるくるくるくるっ~と巻いてアレンジするのもオススメ!

ここ最近になって、手ぬぐいや風呂敷の便利さをやっと知り、普段にも使ってます。

一枚の布で、包んだり、結んだり、ねじったり、それだけで様々なことに使える、すごく素敵なものですね。

特に、今、手ぬぐいブームですよね!?

 

輪っかの部分をエプロンの紐に通すと、

仕事の邪魔にもならなず、いつでも

水分補給ができます。

 

鞄のもち手に結ぶと、ボトルを鞄の中にいれなくても持ち運ぶできますよ♪

 

 

 

 

 

かおる、IN上狛

昨日は、京都はお茶問屋ストリートがある山城町(今は木津川市ですが)

上狛の本社へ行ってきました!

青くて空にももももっ~と雲が広がって、その下には大きな木津川、

夏の景色に癒されつつ、本社へ。

当社の茶師が淹れてくれた「山奥のお茶」(これは、番茶です)を一服。。。

青い香りと甘さが爽やかに、口の中に広がります。

写真は、「拝見室」で撮りました。

「拝見室」とは、お茶を鑑定する場所で、黒を基調とされています。

お茶を見るお盆も真っ黒なのです。

 

黒を背景にした方が、茶葉の状態が良く見えるんです。

機会があれば、ブログで紹介しますね。

 

帰りは、電車を1本逃して、30分待ち。。。

そんな憂鬱な気分は、、、、、

雨上がりの大きな空に、虹がかかっているのを見ることができ、吹き飛びました!

茶処、山城町へ一度いらしてくださいませ。

今日は、立秋

夏バテしそうな今日この頃。。。

今日は、「ばいどバック」のご紹介を!

当店の茶舗店員が、アレンジをしました!

 

 

Y店員の手作り♪

このバックを見た、トミーの感想は、「森ガール風やね」、と、トミーも森ガールの存在を知っていることにややビックリ・・・!!

リボンとととやんのシルエットが効いてます!

さらに!上のリボンは、取り外し可能という、

色んな気分で持てますね~

 



B店員の、お友達の手作り♪

ととやんがお茶の葉に囲まれて、茶舗店員らしいバック、

ととやんが茶葉からこぼれるしずくを浴びて、美味しいお茶作りに励んでくれそうな予感^-^

 

シンプルに持つのも良いし!自分の好きなようにアレンジしても面白いですよ!

ととやんは、持ってくれる人色に染まります!!